ようこそ、Cirhcへ。学問研究の変化を意識しつつ,その困難に挑む。

日々雑感

日々雑感

アリストテレスの自然哲学の特徴(前)

 アリストテレスの『自然学』の原典講読の収録を数回分終え、学術誌International Journal of Science in Societyから拙論文“Aristotle’s Natural Philosophy: A Contrast with Early Greek and Modern Science”(「アリストテレスの自然哲学:ギリシア初期及び近代科学との比較を通じて」)が刊行されたのを機に、アリストテレスの自然哲学についてその特徴を簡単に素描しておきたい。この論文については、その要旨を改めて「主な研究」のコーナーに掲載する予定なので、ここでは論文調ではなくやや雑感風に、アリストテレスの自然哲学の特徴を二つの論点に絞って新たに書き下ろしてみる。原典講読においては、古典を読むということ、それ自体に意味があるのであって必ずしもそこに現代的意義を求める必要はないと私は考えるが、このアリストテレスの『自然学』に限って言えば、今これを読むことの意味も失われていないように思われる。
 アリストテレスの自然哲学の第一の特徴は、形相因と目的因の重視である。アリストテレスは、原因には質料因、作出因、形相因、目的因という四つの意味があるとし、いわゆる四原因説を唱えた。この四原因説は『自然学』(194b24-35)のみならず『形而上学』(983a24-32, 1013a24-35)にも出てくる、アリストテレスの自然哲学を語る上で重要な区別である。例えば、青銅の像ということに関して言えば、質料因は像が作られている素材、青銅であり、作出因は像を産出したもの、彫刻家であり、形相因は像の何たるか、競技選手であり、目的因は像がそのために作られたところの目的、オリンピア競技会勝者の祝福といった具合である。この四原因説に即して言えば、今日の自然科学には、それが拠って立つ基盤はまさに質料因と作出因だという暗黙の合意がある。逆に言えば、形相因とか目的因というようなものを持ち込んだとき、それはもはや科学とは言えなくなるということである。しかし、アリストテレスは原因のうちに四原因すべてを含め、そのことによって自然哲学というものが考えられている。つまり、アリストテレスによれば、質料因と作出因だけでは世界の記述は不完全にとどまるのであって、それら四原因の解明を通じてこそ世界の完全な記述が与えられると考えられているのである。
 現代の自然科学というのは形相因とか目的因というものはできる限り排除していく過程で成り立ったそういう性格をもったものであるから、こういう発想はそもそも現代の自然科学にはないし、反科学的として斥けられるきらいがある。しかし、やはり、世界の記述においては四原因すべてが総体として捉えられなければならず、形相因や目的因を排除するならば世界の記述は不完全にとどまるのだという認識こそ、アリストテレスの自然哲学から得られる重要な教訓であると言えよう。そういう意味では、アリストテレスの自然哲学はなおその今日的意義を有しているとも言えるのである。(続)

アリストテレスの自然哲学の特徴(後)

 アリストテレスの自然哲学のもう一つの特徴は、運動というものをそのものがもっている本性によって説明しようとすることである。これも今日の学の趨勢に逆行する考え方で、今日の学には、自然科学、人文・社会科学を問わず、そのものがもっている本性とか本質とかそういうものを忌避し、すべてをそのものが置かれている環境によって説明しようという傾向がある。つまり、ものそのものが何かそのうちに本性とか本質をもっているというわけではなくて、そのものの性質はそれが置かれている環境によって決定されるという考え方である。例えば、倫理学というのもそういうところで成り立っているわけで、ものの善悪ということに関してもそれはものが持っている性質ではなくて、我々の側からものに付与する価値であるという考え方である。成程、そのように考えても、我々に共通する人間本性なるものを想定することによって必ずしも主観主義には陥らない、それがヒュームの哲学から得られた教訓であった。
 とは言え、すべての性質がそのものから奪い取られ、周りの場によって構成されるという考え方はいかがなものであろうか。やはり、性質のうちには、そのものが本性的に持っている性質、そのものに本来的に備わっている性質というものもあるのではないかと考えられる。アリストテレスは、ものが偶有的に持つ性質からものが本性的に持つ性質を分け、ギリシア語で言えば、前者はκατὰ συμβεβηκός、後者はκατὰ φύσιν, κατὰ οὐσίαν, καθ᾽αὐτός等々いろいろな言い方がなされているが(190b17, 193a1, 196b20, 224b20等参照)、ものが本性的にもっている性質というものを考えている。これは後にロックの第一性質と第二性質の区別にもつながる重要な区別である。
 アリストテレスは「上」と「下」に絶対的な区別を立てる。アリストテレスによれば、「重い」物体は本性上「下へ」、「軽い」物体は本性上「上へ」動く。即ち、最も重い元素は宇宙の中心に集まり、最も軽い元素は宇宙の中心から最も遠いところにある。各々の元素は「本来の場所」をもっていて、土のすぐ上に水が、次に空気が、そして火が中心から最も遠く、天空に最も近い場所にある。アリストテレスが、原子が真空中を無目的に動き回るという原子論的な世界観に反対し真空を否定したのも、運動はものの本性によるものであり、均質的な空間においては運動もないであろうと考えたからである。こういう思想が実体形相説という形になって結実するわけで、要するに物の中に本質があるという考え方、その意味でアリストテレスの本質主義、そしてそういうものをもとにして物体の運動とか静止とかそういうものを考えているのである。このような考え方が現代科学に照らして様々な問題を孕んでいるとしても、この点でもまたアリストテレスの自然哲学は我々に重要な示唆を与えてくれるものであると言えよう。
 以上総括すると、一つには形相因とか目的因とか、そういうものを含めてはじめて世界の記述が完全なものになるという考え方、それからもう一つは、もののうちには本性や本質があり、それによって運動や静止が説明されるという考え方、これらの考え方が、現代の自然科学とは区別される、アリストテレスの自然哲学の特徴をよく表していると言えよう。(終)

第3回教育に関するアジア・コンファレンス(ACE 2011)に参加して(前)

 去る10月27日から10月30日にかけて、第3回教育に関するアジアコンファレンス(ACE 2011)が大阪で開かれ(コンファレンスのURLはこちら)、私自身、発表の機会に恵まれたので、その発表内容をここに書き綴ってみたい。コンファレンスのテーマは、「グローバル化された世界における教育」というもので、私がこれまで行ってきた義務論的倫理学の探究をどこまで教育という新しいテーマに結びつけられるかが課題であった。発表題目は“The Primacy of the Right over the Good in International Education” (「国際教育における善に対する正の優位」)で、その眼目はグローバル化時代における義務論的倫理学の重要性を訴えることであった。
 まず、倫理学の認知上の対立(記述主義と指令主義の対立、またそれに関連して認知主義と反認知主義の対立)について触れ、私の考える指令主義的認知主義の立場を表明することから始めた。次に、実質的な道徳原理の採用にかんする功利主義と義務論の対立について例を挙げながら詳述し、カントの倫理学を引き合いに出して、義務論的倫理学の特徴は、福と徳の間には内的なつながりはないこと、道徳法則が普遍的な性格をもつことにあると論じた。特に本発表で力を入れたのは、教育というテーマと関連して、功利主義と義務論という倫理学上の古典的根本的対立が、ピアジェのLe Jugement Moral Chez L’Enfant (大伴茂による邦訳『児童道徳判断の発達』, M. Gabainによる英訳The Moral Judgment of the Child)において、二つの道徳性の前者から後者への発達という形で表明されている点であったので、この点について少し詳しく論じてみたい。
 ピアジェは子供のおはじきゲームを研究することによって二つの道徳性を摘出し、「大人による道徳的強制」と「対等な者同士の協力」という形で対比させる。強制というのは一方的な尊敬と結びついていて他律に導くのに対して、他方、協力というのは双方向的な尊敬に基づいていて自律へと導く。ピアジェが強制というものを自己中心主義と結びつけているのは奇妙に聞こえるかもしれないが、低年齢の子供は、自分の外に守らなければならない規則があると分かっていながらも、その規則を自分勝手に作っているという意味で自己中心的なのである。例えば、おはじきのゲームでも、低年齢の子供ほど四角の中のおはじきを数多く打つことによってゲームに「勝つ」ことを目指すのに対して、年齢が上がってくると対戦相手よりも多くのおはじきを獲得することによって実際にゲームに勝とうとするというわけである。
 また、ピアジェは、子供の年齢が上がるにつれて、責任観念も客観的責任から主観的責任へと変化すると言う。そこで、ピアジェが客観的責任や主観的責任によって意味するものは何なのか、次のシナリオを手がかりにして探ってみよう(邦訳p. 146以下参照)。
・ジュール君は、お父さんが外出していたので、お父さんのインク入れで遊んでみようと思いました。彼がペンをいじっていた時に、テーブルクロスに小さなシミを作ってしまいました。
・オーギュスト君は、お父さんが出かけていたときに、お父さんのインク入れが空になっているのに気づきました。彼はお父さんを助けようと思ってお父さんが帰ってくる前にインク入れを一杯にしておいてあげようと思いました。ところが、インク入れを開けようとしたときに、手がすべってテーブルクロスに大きなシミを作ってしまいました。
さて、ジュール君とオーギュスト君、どちらが責任重大であろうか。(続)

第3回教育に関するアジア・コンファレンス(ACE 2011)に参加して(後)

 ピアジェの報告によると、低年齢の子供ほど責任の重さを行為の結果にのみ基づいて評価する傾向がある。即ち、なされた行為による物理的損害が甚大であるほど、その行為に対する責任も重大だというわけである。したがって、テーブルクロスに大きなシミを作ったオーギュスト君の方が、小さなシミを作ったジュール君よりも責任重大なのである。しかし、年齢が上がると、責任の重さを測るのにその行為の動機や意図を考慮に入れるようになる。したがって、お父さんのインク入れで遊んでいたジュール君の方が、インク入れを一杯にすることでお父さんを助けようとしたオーギュスト君よりも責任重大だということになる。ピアジェは、客観的責任によって、責任の重さをその行為の帰結によってのみ、即ち、行為によってなされた物理的損害によってのみ測ることを意味し、主観的責任によって、責任の重さをその行為の動機や意図を考慮に入れることによって測ることを意味しているのである。さらに、ピアジェは子供が大きくなるにつれて正義の概念も報復的正義から配分的正義へと変化すると述べる。報復的正義は、何か悪いことをしたら罰せられるという贖罪に基づいているのに対して、配分的正義は、子供が悪いことをしても、子供を罰するのではなくて、どうしてそれが悪いことなのかを説明するという平等の観念に結びついている。
 ピアジェによれば、これら二つの道徳性の間には本質的な差異がある。なるほど、ピアジェは強制と協力という二つの道徳性の起源が社会的なものであることは認めるけれども、デュルケームを強制と協力を同一視したかどで、また、ボヴェを一方的尊敬から相互的尊敬を導こうとしたかどで批判する。道徳性を社会的なものに基礎づける立場では、道徳性は社会的に受け入れられた規範にとどまる。しかし、道徳性は最終的には社会的なもの慣習的なものを超えていくであろう。ここで、ドイツ語のGültigkeitとGeltungの区別は有用である。前者は普遍的妥当性を表す語で、脱慣習的な規範を指すのに対して、後者は社会的妥当性を意味し、社会的に既成の規範を指す語である。このようなピアジェによる児童道徳判断の発達理論は、コールバーグによって六段階からなる道徳発達段階説として受け継がれ、特に、その最終段階である第六段階において、権利と義務の間に完全な相関性が成立し、義務も自分の権利を主張することの裏返しとしての義務であり、それは平等観念に基づいた義務論的な義務である。
 グローバル時代において義務論的倫理学の重要性は減じるどころか増しつつあるように思われる。一見したところ、多様な国家、民族、文化、宗教の中にあって、義務論的倫理学が普遍的な価値を模索するのは好ましくないように見える。道徳的善悪の区別はそれが置かれている歴史的文化的文脈においてのみ意味をもつという文化相対主義的な考え方のほうが、グローバル時代に相応しい考え方のようにさえ見える。しかし、義務論的倫理学はすべての個人に基本的な権利を保障することが唯一の目的であって、豊かな文化的多様性を破壊することを意図していない。むしろ、無関心な容認的態度に比して、義務論的倫理学は異文化をそれに積極的に関わることによって尊敬の念をもって見ることができ、文化多元主義の意義を深く味わうことができるであろう。
 以上が発表の主旨である。幸いにも本コンファレンスの基調講演をされたモナシュ大学名誉教授のD. N. アスピン先生が、私の発表を聞いて下さっていて、質疑応答と発表後の懇談で貴重なコメントを頂いた。一つは、私が文化相対主義(cultural relativism)と呼んだものは、道徳文脈主義(moral contexualism)と呼んだ方がよいということ、もう一つは、カントの倫理学というのは形式主義的なものであり、安楽死や中絶等の倫理学上の実質的な問題にかんして、カントの道徳原理を用いても合意に至ることはできない、という内容の御発言であったように思う。以上の御指摘を踏まえて、もしカントの倫理学がそのようなものであるならば、ハーバマスのディスコース倫理学にも同じような評価が当てはまらないのかどうか、ハーバマスは自らをカントから差異化することができたのかどうか、これらの点については今後の探究の課題にしていきたい。(終)

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional